ブラックリストとは

先月は、バイト代が少なくて、その割にクレジットカードを結構使っていたから、支払いが大変でした・・・

ブラックリストに載ると、まだ結婚もしていないし、車も購入したいしとかで、いろいろ不利になるんじゃないかと思って、大事にしていたゴローズのトップを買取してもらって支払いをしましたよ・・・

ゴローズ高価買取店※RINKAN(リンカン)が高額査定で人気

ブラックリストとは、一般的にいえば金融会社などで、借金をしたのに、返済ができなくなって債務整理を行ったとか、数か月に渡って滞納がある場合、その情報が載っている信用情報のことをいいます。

ですが、もっと身近なところにもブラックリストが存在するんですよ。

それはどこかといいますと、実は携帯会社なんですよ。携帯電話というのは、基本的には分割で購入しますよね。その情報っていうのが、きちんと信用情報機関に登録されていてます。

2011年までに分割払いを希望した人たちの登録件数は4342万件にも上っているそうです。日本国内で登録されている携帯電話の数が約一億二千万台を超えているので約三分の一が分割払いを利用しているといえます。

分割払いにすると、そのほとんどの場合が、通話料金と一緒に請求されるものなので、本体だを支払っているという感覚がなくなってしまうと思うんです。

でせうが、携帯料金の未払いや踏み倒しなんかは逐一掲載されていっているんですよ。
一か月でも未払いになってしまうと、すぐにブラックリストに載ってしまいます。さらに、未払いが三カ月続いてしまうと、ほぼ100%強制的に解約をされてしまいます。

最近の携帯端末は機能性も上がっていて、どんどん高価になってきているので未払いで登録される人も急増しているんだそうです。それでなくとも、パケット代等の、目に見えないお金なので、どんどん使用してしまっていたりします。怖いですよね・・・

万が一契約を解除されてしまった場合には、未払い金の請求が来るのはもちろん債務の時、同時にクレジットカードが作れなくなったり、ローンを組むことができなくなったりとデメリットが出てきます。

滞納情報は、5年間は残留するので、最低でもその間は未払い分を払いきっていたとしても、再契約も何もできなくなってしまうというのを覚えておかないといけません。

ただし、一社で強制解約されているからといって、今後携帯を持てなくなるというわけではありません。他社での契約はできたように思います・・

何件もの未払いでの強制解約となっている場合には保証はできませんが・・・

ブラックリストとは、金融会社の間で使用されている情報網のことで、借入したお金が返済不能となって、債務整理をしたことのある債務者の名前なども掲載されています。

ブラックリストはあくまでも、金融業者の間のみに流れている情報なので、それ以外の場所に流れてしまうということはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>